Column
Google Ad Grants

Google Ad Grantsとは非営利活動をおこなう団体に対してGoogleの広告サービス「Adwords」を10,000ドル(USD)/月分、助成してもらえる非営利団体向けのサービスです。
わかりやすく言えば、非営利団体にとって強力な広報ツールとなる「Google Adwords」の助成サービスということとなります。

[Google Ad Grantsとは]

Googleが提供する非営利活動法人向けサービス「Google for Nonprofits」のサービスのひとつで、他には非営利団体向けのG suite(gmailやハングアウト等の連絡系アプリケーションやドキュメント管理、ドライブの総合サービス)やYoutube非営利プログラムがあります。

[Google Ad Grantsへの参加資格]

特定非営利活動法人や社会福祉法人、一部の非営利型一般社団法人など、「財政的に良好な状態で活動している非営利のボランティア活動を行う組織」

[Google Ad Grantsへの参加手順]

1.TechSoup Japanへの登録

→ 非営利団体向けのITツールを支援する団体への登録がまずはじめに必要になります。

2.Google for Nonprofitsへの登録

→ TechSoup Japanへ登録が完了したら、TechSoup Japanの「確認トークン」を使用してGoogle for Nonprofitsへ登録します。

3.Google for NonprofitsからGoogle Ad Grantsへ申込

→ Google for Nonprofitsに登録できればGoogle Ad Grantsの利用申請をします。

4.Google Adwords Expressアカウントを新設

→ Adwords Expressアカウントが作成され、Google Ad Grantsの利用が承認されれば利用開始できます。

簡単な4つのステップで10,000ドル/月分の広告費を助成してもらえるわけではありますがGoogleの広告費というのはクリック課金、いわゆるクリックされた分だけお金が発生する特徴があります。
やり方が上手でなければ有効に使い切ることもできませんし、効果を出すこともできません。

[Google Ad Grantsを継続して利用するには]

・クリック率5%を維持すること
・90日に一度は設定を改善すること
・有効な広告グループを2つ以上つくること
・サイトリンク表示オプションを最低2つ以上つくること
※ これらの条件を満たせない場合はAdwords Expressという簡単なツールの使用が推奨されています。

実際に10,000ドルの広告費がどれほどのものかというと1クリックあたり100円~200円で想定すると毎日150~300回のアクセスを見込める数字となります。
月に換算すると4500~9000のアクセスとなりNPOや社会福祉法人の広報・宣伝活動としては非常に大きな数字となります。


※ 実際当方でサポートしたGoogle Ad Grantsの数字は導入前後で比較すると新規ユーザー数が459%アップという驚異的な数字となっています。


※ コンバージョン値(実際の問い合わせ数)としては導入前0から導入後11まで、驚異的な伸びとなっています

こういった結果を出すには

・クリック率5%を超えるAdwordsのスキル
・コンバージョン率を改善するWeb改善スキル
・事業の深い理解

の3つが必要となります。

[クリック率5%を超えるAdwordsのスキル]

Adwordsは「キーワード」と「広告文」と「ランディングページ」「入札単価」の4つの要素で広告の表示可否や順位が決まりそれによってクリック数が決まります。有効な広告出稿手順は次のような手順となります。

1. 自分のサイトに関連のあるキーワードを洗い出す 2. キーワードをテーマ毎に分類し、広告グループを作成する 3. キーワード毎に部分一致、絞り込み部分一致、フレーズ一致、完全一致を決める 4. 広告グループ毎にキーワードを含んだ広告文をよりたくさん作成する 5. キーワード毎にサイトの一番関連があるページへランディングさせる 6. 出稿開始 7. 「キーワード」と「広告文」を見直す 8. 「検索語句」から不要なキーワードを洗い出し除外設定をする

という順番になります。
7.と8.をクオリティ高く繰り返すことで5%を超える数値を狙います。
所感ではありますが、NPOなど非営利活動法人はセールス色が無いイメージがあるのか、クリック率は比較的高い印象です。

[コンバージョン率を改善するWeb改善スキル]

Google Ad Grantsを利用するとこれまでになく多くのアクセスを獲得できるようになります。
そのアクセスを活用して支援や寄付を募ることができます。
この時、非営利活動であるため、セールスや営業よりもより丁寧な説明が必要となります。

どのようなことに問題があり、なぜ解決しなければならないのか。
解決しなければどのようなことになるのか。
本当に現状はそうなのか。違った側面はないのか。
解決するにはなにが必要なのか、どうして支援が必要なのか。

逆の立場であれば湧き上がる疑問に全て応えるくらいの丁寧な説明によって活動を広げることができるようになります。

こうした部分がGoogle Ad Grantsで結果を出すための必要な2点と言えます。
そのために3点目[事業の深い理解]が必要になります。

どうしてGoogle Ad Grantsは高い確率で成果が出るか

Adwordsの運用代行とAd Grantsの運用代行の両方を引き受けた経験からの見解では最大の違いがやはり「1クリックがダイレクトにクライアントの財布にインパクトするかどうか」という点であることが影響が大きいと思います。

単純にどちらが良いという話ではないのですが運用代行において心理的な違いから行動の違いは次のように出ます。

Adwords:1クリックを意味あるものにする。より少ない費用で価値あるデータをとろうという心理。この心理によりマッチタイプを慎重に選択するなど「小さくテストマーケティングをおこない、大きく本番施策をおこなう」というより痛みを小さくする行動をとります。 Ad Grants:まず1万USDを使いきることを優先しようという心理。この心理によりマッチタイプはとりあえずは大きく部分一致にするなど「広くキーワード出稿し、結果を見て意味の無いものを除外する」というより早く正解を出す行動をとり、言い方を変えれば大胆な行動がとれます。

その結果、Google Ad Grantsのほうがより早く効果的なキーワードへ絞り込みができていくということになります。

素晴らしい活動は世に深く知られる必要があると思います。
当方であればGoogle Ad Grantsの導入サポートから運用サポートまでお手伝いできますので、どうぞお問い合わせください。

Contents
About

NOONは大阪府堺市を拠点に、個人でウェブ制作をおこなっています。
制作会社様、広告代理店様の外部パートナーとして、また、直接ご依頼主様からコーポーレートサイトやネットショップの制作、運営更新の依頼を請...

Contents
Policy

楽しんでつくろう!
ウェブサイトも役割はあれど、基本は「なにかを伝えるため」にあるはずなので、伝えたなりに、ちゃんと反応のあるサイトにするためには見ている方(お客様)にきちんと伝わる言葉・写真...

Contents
Service

NOONは、ウェブ制作を中心とした制作案件についてオーダーを承っております。
制作料金については、案件毎にお見積もりをさせて頂きますので、お問い合わせください。...

Contents
Contact

このフォームか、もしくはお電話でお問い合わせいただけます。
なにぶんひとりでやっておりますので出れないタイミングもあるかと思いますので留守電にでも入れていただけると助かります。。。 ...

Column

ある広告の巨匠は言いました。平均してボディ・コピーを読む人の5倍の人がヘッドラインを読む。つまり、ヘッドラインである程度の売り込みをしなければ、クライアントの金の80%を無駄にしてしまうのだ

Column

Google Ad Grantsとは非営利活動をおこなう団体に対してGoogleの広告サービス「Adwords」を10,000ドル(USD)/月分、助成してもらえる非営利団体向けのサービスです。 ...

Column

ローカルSEOとは「業種+地名」または「地名+業種」で検索した時に表示されるGoogle Mapのエリアに表示されるように努力する施策です。飲食店や美容業、結婚式場などのローカル(地域)ビジネスに対するキーワードの ...

Column

可変グリッドレイアウトで組まれたデザインはデバイスのモニターサイズに依存しない表示の柔軟さを持つ代わりにそれぞれが並列に組まれる特性を持つため、ストーリー構成やユーザーに見せたい手順がある...

Column

ユーザのサイト閲覧状況(ブラウザなどの幅)によってレイアウトが変化するリキッドレイアウトをまとめています。一定のブラウザサイズを最小サイズとして、横幅の変化に合わせてレイアウトが変わる...

Column

レスポンシブデザインのサイトを作成する際、スマホレイアウト時のフォントサイズに悩むことがあります。特に中央寄せのレイアウト時に、フォントサイズによって極端に左右にマージンが出来たり、変な位置で改行が入ったり ...

Work

株式会社SPACIA様のウェブサイトを制作いたしました。MAIN IMGにはbackstrech、Newsは、ワードプレスを使わずに更新いただけるスクリプトを使用して制作いたしました。

Work

堺 白鷺のヘアサロン [H&K HANDKINS]のウェブサイトを制作いたしました。オーガニック素材にこだわったトータルビューティサロンです。

Work

NPO法人日本もったいない食品センターのウェブサイトを新規作成。食品衛生上、問題の無い廃棄食品の再販売によって日本の食品ロスの低減を目指し、活動している特定非営利活動法人。

Work

株式会社ハッピーメーカーのウェブサイトをリニューアル制作。WORDPRESSはfacebookと連携しており、投稿時にOfficial facebook Pageも更新される仕組みになっています。

Work

大阪で8店舗ヘアサロンを運営する*Charm*/*March*のホームページをリニューアル。店舗詳細ページ、ヘアカタログやクーポン、ブログをコンテンツ管理可能な状態になっておりボリュームの大きなサイトとなっています。

Work

和泉市の𠮷川織物株式会社様のサイトをリニューアルいたしました。一日ロケで写真撮影から入らせていただき、デザインリニューアルからリキッドレイアウトを取り入れたレスポンシブサイトを構築いたしました。

Work

JR茨木市駅前に新規オープンしたar hair様のウェブサイトを新規作成いたしました。
気軽に寄れる場所と金額帯でホットペッパーでも人気を集めています。

Work

THISCOVER+尼崎さまのサイトをフルリニューアルいたしました。
ワードプレスを実装し、ほぼ全てのコンテンツを管理画面上から修正できるように組み込みいたしました。

Work

大阪市の住宅リフォーム、内装事業者の株式会社REGLANZ様のウェブサイトを新規制作いたしました。リキッド系のレイアウトでコーディングし、ワードプレスで施工事例を更新できるように組み込んでいます。

Work

マインドフルネススタジオ「こころ音」様のウェブサイトを新規制作させていただきました。 近年では大企業でも研修で取り入れられる瞑想を体系化したマインドフルネス。大阪では唯一のスタジオとなります。

Work

美容師訪問サービス「おうちカット」様のウェブサイトを新規制作。堺市・大阪狭山市・和泉市・松原市のエリアで「身体的・精神的・環境的な理由」で美容室に行けない方に訪問カットサービスを 提供しています。

Work

京都の出張買取専門店「京福リサイクル」様のウェブサイトをリニューアル制作。デザイン変更のリニューアルに留まらずシステム面での改修、集客面での改善を兼ねてリニューアルから忙しくなったとお声をいただいております

Work

堺市のメディカルトリミングサロン21様のウェブサイトを新規制作。トリミングサービスのみならず、健康チェックやストレス、その他ケアのことも含め、医療的な見地からも終生に渡って総合的なサポートを提供するトリミングサロン。

Work

堺市の21動物病院様のウェブサイトを新規制作。関西全域からわんちゃん、ねこちゃんの歯科診療に来院され、歯周病治療に高い知見と知識を持ち、一般診療においても高い水準の診察をおこなう動物病院。

Column
どうも、NOONの前田です。
Contact
お問い合わせはどんな手段でも構いません。